棟方志功を知る

年譜

※ 下の年代をクリックすると詳細が表示されます。

1903年~1928年
▲大正13年(1924)21歳頃
明治36年(1903)

9 月5 日、青森市大字大町1 番戸に生まれる。

大正5年(1916)13 歳

3月、青森市立長嶋尋常小学校を卒業、家業の鍛冶職を手伝う。

大正9年(1920)17 歳

弁護士沢地甚蔵の紹介で青森地方裁判所の弁護士控所給仕となる。
10月25日、母さだが享年41歳で死去。

大正10年(1921)18 歳

青森在住の洋画家小野忠明にゴッホの「ひまわり」の原色版を見せられ画家になろうと決意する。
松木満史、古藤正雄、 鷹山宇一ら四人で洋画の会「青光画社」を結成。

大正13年(1924)21 歳

絵の修行のため上京、初めて帝展に「合浦( がっぽ) 池畔」を出品したが落選。

大正14年(1925)22 歳

10月26日、父幸吉享年56 歳で死去。

昭和3年(1928)25 歳

第9回帝展に油絵「雑園」で初入選し5年ぶりに帰郷、墓前に報告する。
この頃から版画を始めるようになる。

1929年~1941年
▲昭和17年(1942)39歳頃
昭和5年(1930) 27歳

第7回白日会展で白日賞を受賞。 第5回国画会展に「貴女行路」他4点が入選。
青森市善知鳥神社にて赤城チヤと結婚。

昭和6年(1931) 28歳

長女けよう生まれる。
第12回帝展に油絵 「荘園」が3年ぶりに入選。

昭和7年(1932) 29歳

第9回白日会展でF氏賞を受賞。 日本版画協会会員となる。 第7回国画会展出品作品のうち「亀田長谷 川邸の裏庭」で奨学賞を受賞。

昭和8年(1933) 30歳

長男巴里爾生まれる。

昭和10年(1935) 32歳

次女ちよゑ生まれる。

昭和11年(1936) 33歳

第12回国画会展に「瓔珞譜(ようらくふ) 大和し美し版画巻」を出品し、日本民芸館 の蔵品として買い上げられる。これを契機 に柳宗悦、河井寛次郎、浜田庄司らの知遇 を受ける。

昭和13年(1938) 35歳

第2回文展に「勝鬘譜(しょうまんふ)・ 善知鳥(うとう)版画曼荼羅」31柵のうち 9柵を出品し、版画では初の特選となる。 日本民芸館第12回特別展に「観音経曼荼 羅」を出品、この作品に初めて裏彩色を試みる。

昭和15年(1940) 37歳

第15回国画会展に前年制作の「呵呍(あう ん)譜・二菩薩釈迦十大弟子版画屏風」を 出品し、翌年佐分(さぶり)賞を受賞。

昭和16年(1941) 38歳

次男令明生まれる。

1942年~1956年
▲昭和24年(1949)46歳
昭和20年(1945) 42歳

富山県砺波郡福光町に疎開。東京大空襲で 住居を焼失し、板木のほとんどを失う。

昭和21年(1946) 43歳

文部省主催第2回日展に前年末制作した 「鐘溪頌(しょうけいしょう)・公案「鯉雨」 板画経」を出品し、岡田賞を受賞。
福光町内に住居を建て移り、谷崎潤一郎に愛染苑 と命名してもらう。

昭和23年(1948) 45歳

「釈迦十大弟子」のうち板木を焼失した 「文殊菩薩」「普賢菩薩」を改刻する。

昭和26年(1951) 48歳

疎開先の富山県福光町から東京都杉並区荻窪に転居。

昭和27年(1952) 49歳

スイス・ルガノで開催された第2回国際版画展に「女人観世音板画巻」を出品し、優秀賞を受賞。
日本版画協会を脱会し、下沢木鉢郎らと日本板画院を創立。
ニューヨークのウィラード・ギャラリーで初の海外個展を開く。

昭和30年(1955) 52歳

第3回サンパウロ・ビエンナーレに「釈迦十大弟子」「湧然する女者達々」などを出品し、版画部門最高賞を受賞。

昭和31年(1956) 53歳

第6回板画院展「三尊の柵」他2点を出品し、読売金賞を受賞。
第28回ベニス・ビエンナ—レ展に「釈迦十大弟子」「柳緑花紅頌」など11点を出品し、国際版画大賞を受賞。

1957年~1968年
▲昭和34年(1959)56歳
昭和33年(1958) 55歳

1月、「ヨーロッパ巡回日本現代絵画展国内展示会」が開催され「湧然の柵」他2点を出品。(その後、ローマ、ドイツ、フランス、ユーゴスラビア、イランなど6ヶ国11都市を巡回する)

昭和34年(1959) 56歳

ロックフェラー財団とジャパンソサィティーの招きで渡米。ニューヨーク、ボストン、クリーブランド、シカゴ、シアトル、サンフランシスコ各地の大学で板画の講義と個展を開催、夏ヨーロッパを旅行し11月帰国。ニューヨークに「棟方ギャラリー」が開設される。ヨーロッパへ約1ヵ月間旅行しオランダ、フランス、スペイン、スイス、イタリアの美術館、寺院を見学し、この時ゴッホの墓を訪れる。

昭和35年(1960) 57歳

クリーブランド美術館主催「棟方志功展」がシカゴ、シアトル、ロスアンゼルスで開催される。
青森県褒賞を受賞。
眼疾がすすみ、左眼をほとんど失明。
「亀田長谷 川邸の裏庭」で奨学賞を受賞。

昭和38年(1963) 60歳

藍綬褒章を授与される。
倉敷市大原美術館に棟方志功板画館が開館。

昭和40年(1965) 62歳

日本の木版画に尽くした功績により昭和39年度朝日文化賞を受賞。
セントルイスのワシントン大学及びニューヨークのジャパンソサィティーの招きで二度目の渡米をし、ワシントン大学で「日本の木版画」について講義する。
イタリア・フローレンス学士院から名誉会員に推される。
ダートマス大学から名誉文学博士号を受ける。
東京国立近代美術館に版画を寄贈したことにより紺綬褒章を受章。

昭和42年(1967) 64歳

日本板画院の名誉会長となる。
3度目の渡米、クリーブランド市のメイカンパニー主催による「棟方志功板画屏風形体ワンマンショー」を開催し屏風二十双を展示。その後首都ワシントンのスミソニアン美術館でも開催。

昭和43年(1968) 65歳

ニューヨークを出発し、帰国の途につく。途中ハワイ大学で板画について講義をする。
青森市制施行70周年記念式に際し市民功労賞を受賞。 

1969年~1975年
▲昭和43年(1968)65歳
昭和44年(1969) 66歳

青森市名誉市民(第1号)の称号を贈られる。

昭和45年(1970) 67歳

第11回毎日芸術大賞を受賞。
文化勲章を授与される。また文化功労者として顕彰される。
青森県に棟方志功記念館建設の構想が持ち上がる。

昭和46年(1971) 68歳

第1回佐藤尚武郷土大賞(東奥日報社制定)を受賞。

昭和48年(1973) 70歳

鎌倉市に財団法人棟方板画館を設立する。

昭和49年(1974) 71歳

日本放送協会から第25回放送文化賞を受賞。
「志功」を改め「志昴」とする。
青森へ帰郷し、三内霊園にゴッホの墓の形をまねた墓をつくり、自身の墓碑銘を書く。これが最後の帰郷となる。
棟方志功記念館(青森市)建設着工。
71歳の誕生日を記念して棟方板画館(鎌倉市)を開館。
「志昴」を再び「志功」と改める。

昭和50年(1975) 72歳

日展常任理事となる。
9月13日、肝臓癌のため自宅で死去。同日付で従三位を追贈される。戒名・華厳院慈航真 志功居士 青森市三内にある三内霊園に埋骨され、青森市民会館において市民葬が行われる。
11月17日、青森市に棟方志功記念館が開館。

略歴ページへ
ページの先頭へ

一般財団法人 棟方志功記念館 〒030-0813 青森市松原2丁目1番2号 TEL 017-777-4567 / FAX 017-734-5611

Copyright Munakata Shiko Memorial Museum of Art.all rights reserved