棟方志功記念館

   

冬の展示

冬の展示
志功三楽

2021年12月14日(火)~2022年 3月13日(日)
午前9時30分~午後5時
休館日/月曜日(祝日及び1月17日、24日、3月7日は開館)、12月29日~1月1日

 志功三楽、つまり棟方志功の三つの楽しみとは、故郷を想うこと、家族と茶を嗜むこと、愛用品に囲まれて作品を描くことでした。生涯大切に思い続けた故郷青森の風物、チヤ夫人が茶を点てる姿やお気に入りの茶道具、絵を描く自身の姿など、三楽をテーマとした作品を棟方は好んで描きました。また棟方にとって、筆を執ることも仕事の合間に大好物の抹茶を飲むことも毎日の決まった過ごし方であり、三楽を描いた作品は同時に日常の光景を描いた作品とも言えます。それらは豊かな色彩と軽やかな線でユーモラスに描かれたものが多く、見る者の心を和ませるような魅力に溢れています。冬の展示では、棟方の趣味・嗜好や生き生きとした暮らしぶりが窺い知れる作品をご紹介いたします。

主な展示作品

《東北風の柵》板画
1969

《志功三楽屏風》より志功執筆図 倭画
1959

《仕事真最中雑華堂家族達》油絵
1950 頃

《女人図(愚朗茶碗)》茶碗
1957