棟方志功記念館

   

青森県立美術館でいよいよ拡張展示スタートへ

816 views

青森県立美術館で7月6日(土)から始まる「AOMORI GOKAN アートフェス 2024 後期コレクション展」において
いよいよ棟方志功展示スペースの拡張展示が始まります。

現在開催されているコレクション展は、記念館が閉館する前の2024年2月10日(土)から続く展示ですので
次回コレクション展からが新たなスタートとなります。

県立美術館における棟方志功作品の常設展示は、
展示室内で唯一作家名を冠した棟方志功展示室を中心に、2006年の開館当初より青森県立美術館と棟方志功記念館が協力して構成してきました。

今後は当財団が所蔵する全作品と資料を県立美術館へと移し、より一層充実したコレクション群から
以前より2倍以上に拡張される棟方志功展示スペースにおいて引き続き展示活動を行って参ります。

次回コレクション展では、新発見・未公開を含む記念館ならではの豊富な作品・資料を中心に展示しますのでご期待ください。

青森県立美術館
「AOMORI GOKAN アートフェス 2024 後期コレクション展」
会 期:2024年7月6日(土)~9月29日(日)
休館日:毎月第2・第4月曜(祝日の場合は翌日)
開館時間:9:30 – 17:00 (入館は16:30まで)
★7月27日(土)、8月10日(土)、9月21日(土)はナイトミュージアムにつき20:00まで開館(入館は19:30まで)
観覧料:一般900(700)円、高大生500(400)円、小中学生100(80)円
※( )は20名以上の団体料金および9/1までのAOMORI GOKAN アートフェス 2024 公式ガイドブック特典「スタンプラリー&パスポート」提示割引料金
※ 心身に障がいのある方と付添者1名は無料
https://www.aomori-museum.jp/

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE